はじめての実演はやっぱり緊張…



先週のことになりますが、
某外資系企業のパーティで、外国人ゲストへのお礼のプレゼントに書を、
というご依頼を受け、作品「感謝」を書かせていただきました。

そして、今回は、そのプレゼントを渡すパーティで、
生で、色紙に書を書いてほしいとのこと!

いつか、生の実演もやってみたいと思いつつ、
これまで子育ての都合で夜は出かけられなかったり、
そして何より、緊張にとっても弱い私としては、
生で、一発で、喜んでいただけるような書が書けるのかというのは、
まだまだ不安でもあり・・・。

ですが、今回はとてもありがたい機会を頂きましたので、
思い切って、挑戦させていただきました。

まずは、事前に作っていた木製パネルの「感謝」を渡し、
その際、All Englishのパーティで急遽あいさつを求められて焦り、
何を言ったかよく覚えていませんが・・・、とりあえずのあいさつをし、

その次に、海外ゲストにその場で書いてほしい漢字を尋ね、書くという次第。
今回、ゲストの方がリクエストしてくださったのは「Beauty」!
翻訳も簡単、しかも、とても書きやすい字を選んでくださったゲストに感謝しながら、
はじめての実演に入りました・・・

寧月_実演

やっぱり、すご~く緊張して、筆が震える感じもありましたが、
生で、一発なので、こちらをプレゼント!
でも、その場で会場の方々が「お~!」と拍手をくださり、
その「美」を渡したゲストの方も、とっても喜んでくださったご様子だったので、
とりあえず、「ほっ」。

寧月_パーティにて

その後も、同じく海外からいらっしゃっていた方に、
「Friendship」のリクエストを受けて、「友情」を書かせていただき、
その日のお仕事は無事終了しました。

やっぱり一発で納得のいく作品をかくのは私にはまだまだ難しい!!
修業が必要だな~と思いつつ、なんとかはじめての実演を喜んでいただけて、
ひと回り成長したような気分でうれしい夜でした(ご飯もおいしかったし)。

お声かけ下さった方、あたたかく迎え入れてくださった皆さま、本当にありがとうございました!

「感謝」「美」「友情」

作品は、母国に帰ってオフィスに飾ってくださるとのことで、ありがたさでいっぱいです。

Comments

comments

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>