Tag Archives : 大田区池上


自由自在に鳥獣戯画、Mさんの場合(書塾の子ども7)

書塾の子どもたちについてお伝えするブログ第7弾! 今回ご紹介するMさんは、書塾を始めた2006年春、小学入学と同時に入塾してくれました。小1のMさんは本当に小さくて、何をやってもかわいかったのを覚えています。そんなMさん […]


果敢に挑戦、Hさんの場合(書塾の子ども6)

書塾の子どもたちについてお伝えするブログ第6弾! 最近、たくさんの体験のご希望(時には遠方からも!)をいただく中で、多くの方がブログを読んでくださっているのを感じます。「なかなか自由な書道教室はないので…」というお言葉も […]


花紅いろいろ(書塾生レポート2)

私は、墨の香りが好きです。 風が強い日は、ガタガタとガラス窓が震える古民家「蓮月」の2階。襖で仕切った畳の部屋で、いわゆる「文机」の前に、正座しての90分のお習字の時間は、毎日が忙しない生活を、送っている私にとって、とて […]


コロナ禍のオンライン書道指導から感じたこと

はじめてオンライン指導を実施したのは2月29日(土)のことでした。 2月26日のイベント自粛要請を受けての決断でしたが、とてもスムーズにオンライン指導を始められたように思います。実施のほぼ1週間前に「今後、状況によっては […]


【書道と教育】 vol.15 熱い!書塾花紅の自由研究2019

今年の夏は熱かった。気温のことではありません、書塾の子どもたちの話です。 昨年は二人の小学生が百字文に取り組んでくれました(一人は篆書、一人は楷書)が、今年は本格的な臨書が加わり、さらにハイレベルなものとなりました。 & […]


子どもたち、先生となる。〜イスラエルとの交流会〜

今年も、イスラエル日本文化センターの皆さまが池上にやってきてくれました。 百字文を気に入ってくれたことで繋がったイスラエル日本文化センターとの不思議なご縁。昨年は百字文を順に書く百字文リレーをするワークショップをしました […]


書道と子ども(書塾の子ども0)

書塾花紅を始めてから丸3年が経とうとしています。 蘇軾の詩より「柳緑花紅真面目」の言葉を借りて、子どもたち一人一人があるがままに創造性を発揮できるような書塾にしたいと始めたこの書塾ですが、正直なところ、始めた当初は、どの […]


池上麦酒、よろしくお願いします。

この春、我が町池上で総選挙が行われました。 その名も「池上麦酒ラベルデザイン、総選挙!」 そして、販売が開始となりました。「池上麦酒」、ビールです! 私、寧月がラベルの文字を書かせていただきました〜ありがとうございます。 […]


イスラエルの人たちと共に、百字文リレー!

5月31日のこと。 いつも静かな私の街、池上の、古民家カフェ蓮月にやってきたのは19名のイスラエルの民。 彼らは、テル・アビブにあるJapanese Art Centerで書道を学んでいる書道人。 今回は、京都や高野山を […]